更年期障害の症状は幅広い?原因とともに徹底解説します!

薬を飲んでいる女性

更年期障害は女性ホルモンの分泌量が減少してしまうことが起こります。特にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少するので、脳の視床下部では卵巣に対してもっとホルモンを分泌するように指令を出します。ですが、卵巣自体は加齢に伴って機能が低下している状態ですから、脳の指令に答えることができず、エストロゲンを分泌することが難しくなります。すると脳はもっと出しなさいとさらに指令を出し続け、結果、自律神経が乱れてきてしまいます。つまり、更年期障害は脳の指令と加齢による卵巣の機能の低下によって引き起こされているのが原因となるのです。

自律神経が乱れることが多くなるため、体にはいろいろな変化が生じてきます。自律神経は生命に関する様々な部分を管理しているので、体的にも身体的にも症状が現れ、その症状の出方や重さ、頻度といったものは個人ごとに違います。また自律神経は脳と卵巣との関係がうまくいかないことのほかに、ストレスや環境の変化、病気に感染したなどの理由でも簡単に乱れることがあり、自律神経が乱れる原因を特定するのは難しいです。

更年期障害の代表的な症状には、肩こりや頭痛、ホットフラッシュ、手足の冷えやめまいといった身体的なものと、イライラが止まらない、不安感や焦燥感が強い、自分が悪いと感じてしまうなどの精神的なものがあります。身体的に一番感じることが多いのは肩こりで、更年期障害を感じている人の多くが肩こりを経験しています。肩こりは更年期障害の初期症状でもあるのですが、肩こりを引き起こす原因は更年期障害以外にも緊張性頭痛や何か重いものを持って肩に負担がかかった時などもあげられ、なかなか更年期によるものだと感じることは少ないです。頭痛に関しても同じで、いつもよりちょっと頭痛がひどい、薬を服用しても治まらないといったことが起こりますが、これが更年期と直結していると考えられないことが多いです。

更年期障害が起きていると実感することができるのは、月経の不順とホットフラッシュ、めまいです。ホットフラッシュはのぼせやほてり、異常なまでの発汗を伴い、場所や時間は関係なく突然顔を中心に熱くなります。ホットフラッシュはエストロゲンの減少によって起きているので、自分で止めることはできず、予測もできません。冬でも発汗がものすごいため、タオルが手放せなくなることも多いです。

精神的なものとしてはイライラが最も多く起こります。こういったイライラは月経前症候群においても起こり、女性にとってはなじみのある状態なのですが、月経前症候群の場合は月経がはじまると治まることが多いです。ですが更年期障害としてイライラが起きてしまうと常にそのような状態になっており、自分でもコントロールしたくてもできないといった状況に陥ります。結果として自分はどうしてうまくいかないのだろうという気持ちに繋がり、うつ状態になってしまうケースもあります。

更年期障害の症状は個人差があるので、全く起こらない人もいますし、逆に体のあちこちに不調を訴える人もいます。自律神経の乱れも関係しているので症状は幅広くなっているのです。

関連記事
女性だけじゃない!男性の更年期障害の症状と改善方法とは? 2020年01月17日

更年期障害は女性のだけが感じるものだという気がしますが、実は男性においても更年期障害は存在しています。男性の場合も女性と同じように急激に男性ホルモンであるテストステロンが減少することで起きています。男性更年期障害ということもあるのですが、医学上では正式の名を加齢男性性腺機能低下症候群と言い、省略して...

避けては通れない更年期障害・・・対処方法は? 2020年01月15日

更年期は老年期に向かう際の一つのステップであり、避けては通れない期間でもあります。女性ホルモンが関係しているので、症状の出方は個人差が大変大きいのが特徴で、症状が重い人の場合、うつ状態を起こしてしまいなかなか改善しないことが多いです。更年期障害を軽減するには、ストレスをためない、女性ホルモンであるエ...